不動産サイトを覗いてみた

不動産のことなんてあまり考えたことがないのですが、この前不動産サイトを覗く機会がありました。

口コミを見ていると家は売れやすいけど土地は売れにくいというものがあったり、いろいろな不動産屋さんと比べられたから良かったという意見も見れました。
今は不動産を買ったり売ったりする機会はまだないのですが、うちの持っている家が大分と古くなってきており、もしこれを壊してさらちにするのだとしたらどうしようと何気なく思ったのです。

私にはまだ知識がないので、どうするのが一番良いのかなと調べてみただけなのですが、皆さん人生の中で不動産になんらかの形で関わっているのだなと思いました。そうすると、売る他に買うことにも考えが行き始めました。

将来アパートやマンションの一室を借りることはあっても、買ったりすることはまずないでしょう。

戸建てが欲しいなんて思う日も来るのかなと考えたりもしますが、今の実家が居心地いいので、それはずっと先のことなんだろうと思います。

賃貸アパートか一軒家購入か

現在、賃貸アパートを出て一軒家を購入するか迷っている。家を買うとなると、もちろん長期の住宅ローンを払うことになる。

周りからは、どのみちアパートの家賃を払っているのであれば、家を購入してローンを払えばいずれは自分のものになるのだから、早めに買う方がいいとアドバイスを受けている。

しかし、大きな買い物であるためになかなか踏み切ることができない。また、賃貸アパートにも良い面もある。たとえば、今すんでいる場所は駅から近く立地が良い。

同じ条件の一軒家を買うと、とでもではないが予算がオーバーしてしまうだろう。スーパーや子供の学校にも近く、とても便利で住みやすい場所にアパートはある。それから、駐車場やアパート付近の清掃なども管理業者がやってくれる。

ご近所ともしもトラブルがあった時にも、管理業者が間に入ってくれるので少し安心である。
とはいえ、いつかはマイホームという憧れもある。
少しでも貯金を貯めつつ、検討していきたい。

マンションの魅力&注意点

マンションは、近隣住民の問題に悩まされることもありますが、一戸建て住宅に比べてスペックが高く、セキュリティ面においても比較にならないほど優れていることが特長です。

マンションの一番の魅力は、最寄り駅までの距離や敷地面積などの条件が同じだと仮定すると、一戸建てより遥かに安いことです。

そのため予算を決めて住宅を選ぶ場合、マンションの方がより利便性の高い場所に居住できるでしょう。

構造が優れていることも魅力の一つです。

一戸建てでも頑丈な建材を使えばマンションに近い耐久性や気密性を得られますが、決して同等条件とまではいきません。

一方マンションは鉄筋コンクリート造が基本で、地震対策も多く採用されています。気密性も抜群なので一戸建てに比べると冷暖房の効率が格段に上です。

このように魅力の多いマンションですが、最大の注意点は維持費の高さです。

マンションにおいては入居者全員で維持管理修理していくシステムが採られているため、毎月の管理費や修繕積み立て金が求められます。

特に古いマンションは修繕積み立て金が多くなるため、場合によっては賃貸物件に住むよりも毎月の支払いが多くなるかも知れません。

賃貸アパートを安く借りることができる時期

就職や大学など賃貸アパートを借りなければならない機会は多くの人が経験していると思います。

そして借りるときほとんどの人が気になるのが家賃を主とした費用の問題でしょう。

そうした費用は建物や立地条件といった物件の環境が影響するのが専らです。しかし借りる時期も影響するといわれています。

それではどのような時期に借りるのが安く抑えられるのでしょうか?

地域にもよりますが、一番は9月から10月ごろだといわれています。なぜかというとシーズン的に引っ越しが必要となるイベントが少ないからです。

例えば3月であれば大学入学や就職に伴い多くの人が引っ越ししたりします。早い人であれば1月ごろから物件を決めてしまうこともあります。

そうした時期に比べれば9月や10月ごろが物件の需要が少なく価格が下がりやすい時期であるといえます。

物件は一度借りてしまうと契約した賃料を払い続けるのが一般的です。

高額な賃料を長期にわたって支払うことがないよう可能な限り賃料が下がった9月などの安い時期に借りるのが望ましいといえます。

不動産について

不動産についての感想なのですが、不動産ていうとなんか手の届きにくい投資をまず思い浮かべます。

僕は、まだ不動産について知識が皆無なのでこれからこつこつと勉強していこうと思います。
それと同時進行で元手となる原資もこつこつと稼いで貯めておこうと思います。

僕は以前一人暮らしをしたことがあります。神戸の三宮に学校があり、それに通うための拠点として一人暮らしを始めようと思い立ちました。

まず実家の赤穂から神戸三宮へ行って物件を仲介してくれる業者を探しました。店に入るなり「この神戸三宮で一番安い物件を探してくれ」と頼みました。仲介業者の方がいろいろと調べてくださって、あるワンルームを実際に見に行くことになりました。

東須磨の閑静な住宅街で、駅から700メートルのマンションの4階でした。部屋は小さく6畳くらいのユニットバスでした。業者のセールストークは「こんないい物件他にないですよ!家賃も安いですし、すぐに貯金できますよ!」みたいなことを言ってました。確か公益費をいれて月に3万7000円だった気がします。

貧乏な僕にとってはそれでいいと思ったので、その物件にしました。
一年半でその物件を手放したんですが、なかなか快適に住めました。

不動産を勉強して、今度は僕がオーナーになり、家賃が安くて快適な場所を若い人たちに提供したいなと思いました。

近年再び活況を呈している不動産業界

近年、不動産市況が回復していることを報じる新聞や雑誌などを目にする機会が増えています。
とくにオリンピック需要を見越した新築マンションへの注目が集まっているようです。

いつかはマイホームを持つべき、終の棲家を手に入れようというのが、いつも変わらない住宅販売会社の宣伝文句ですが、その「家」はほとんどの場合、新築の一戸建てを指していました。

ですが、90年代に起きたバブル崩壊に伴う不動産価格の大暴落や、7年前のリーマンショックに伴う更なる暴落を経て、近年は住宅、マンションに対する日本人の価値観が大きく変わったように思われます。

もちろん一戸建てを買う余裕がないという人も居ますが、あらかじめマンションに狙いを定めて購入する人が増えてきたのは紛れもない事実です。しかも住むためでは無く投資目的の人が多いことが特徴です。

一般人が、投資目的でマンションを購入することで、不動産市況が活性化すれば、間違いなく景気回復の助けになります。

ゼロ金利政策も相まり、今後ますます不動産業界に注目が集まることは間違いありません。そこで

まず最初に行って欲しい事が不動産価格の相場を知ることです。
もうすでに不動産屋さんにお問い合わせされている方も居るかもしれませんね?
しかし、その不動産屋さんは本当の相場価格をあなたに教えてくれるでしょうか?別に不動産屋さんを信用するなと言うわけではありません。
ただ、不動産屋さんも不動産の売買を商売でやっていると言う事を忘れては行けません。『安く買って高く売りたいの』は誰だって同じなんです。
参考:元プロ不動産査定社員が教える!不動産売却で高く売るために必要な事

都市部の不動産価格は上昇している

自宅マンションは大規模マンションではありませんし、それなりに築年数も経っているちょっと古めのマンションではありますが、都市部の中心に近く立地条件が良いせいもあって、引越した部屋があっても間もなく新しい入居があるマンションです。

そのせいかどうかはわかりませんが、よく不動産会社からの売却を勧めるチラシがポストに入っているのですが、ここ数年で買取の価格がそれなりに上昇しているのが見て取れます。

あくまで勝手に入れられているチラシでありますから、どこまで信じていいのかはわかりませんが、不動産会社でもそれなりに知っている会社のチラシも交じっていますので、いい加減すぎるような数字を出しているとも考えにくいです。

売却するかしないかはともかくとして、ニュースで見るよりも都市部での不動産価格の上昇は急なものがあるのかもしれません。

住んでいる身にとってはそれがいいことなのか悪いことなのかはなかなか判断しにくい面もあります。

家を高く売るためには

家を売るというのは人生でめったにない事ですが、とにかく高いお金を出して買ったものですから、できるだけ高く売りたいと思うのが当然の事です。

なので、できるだけ高く売るためのコツをしっかり学び、それを実践する事が大切で、そのためにまず一番最初にすべき事は自分の家の相場を知るという事です。

これは一戸建てでも、マンションでもアパートでも変わらず第一にやるべき事です。

相場を知るには色々な方法があるかもしれませんが、一番正確なのは不動産屋に査定してもらう事です。

ですが、1つの不動産屋だけでは正確な事がわかりませんし、良心的ではない不動産屋な場合もあるので、できるだけ複数の不動産屋に査定を頼むことが大切です。

ですが、どうしても面倒だという時は、不動産の一括査定というのを利用する事もできるので、活用してください。

あとは、リフォームしたほうが断然高く売れやすくなるので、時間とお金の余裕がある場合は必ずリフォームを検討するようにしましょう。

不動産をより高く売るために

自分の大切な不動産を手放さなければいけなくなったという時、その事情は人により様々ではありますが、できるだけ高い金額で売りたいという気持ちは共通するところです。

そして、そのために必要な事はまず、より良い不動産屋を選ぶ事です。全ての不動産屋が良いとはいいがたい状況なので、とにかくできるだけ多くの不動産屋と出会い、良心的な不動産屋、担当者などを見つける努力をする事が大切です。

良い不動産屋を見つけるためには色々な人の口コミを参考にする、というのもいいですし、実際査定をお願いしてたくさん話をして自分で見分けるというのもいいと思います。

あとは、業界団体に加盟しているかどうかを確認するのも大切です。

良い不動産屋であれば、私達の立場にたって一緒により高く売るために奮闘してくれますし、あの手この手で色々な世話を焼いてくれたりします。

また、リフォームなど、高く売るために必要な事についても良いアドバイスをくれたり、品質がいいのに安いリフォーム会社を紹介してくれたりもして本当に助かりますよ。

新築と中古不動産の売買比較

消費税が増税基調をたどる中、人気を集めているのが消費税がかからない、個人間の中古不動産の売買です。

例えば、3,000万円の物件であれば、現在の消費税率8%を基準に考えると、新築では3,240万円の支払いが必要になります。

しかし、これが中古物件であれば、あくまで個人間の非課税取引と認定されるため、3,000万円の支払いで良く、差額240万円が丸々浮くことになります。

今後、消費税率が10%になれば、先ほどの例で行けば、新築は3,300万円と1割が税金という状況になるため、消費税率10%の引き上げ前には、相当の駆け込み需要が発生することが想定されます。

一方で、有利に見える中古不動産の売買ですが、中古不動産の売買には不動産仲介会社に支払う、仲介手数料が必要です。

仲介手数料は、物件価格×3%+6万円と表すことが出来ますので、先ほどの例に当てはめれば、96万円の仲介手数料を支払わなければなりません。

丸々浮いた240万円から96万円を引くため、実質は144万円安く済んだことになります。

このように考えると、新築では消費税、中古では仲介手数料がネックになってきます。よく比較して、検討することが大切です。